【9、10月のパン】 パン・ヴィエノワ

Img_37845b8b3f4d370d3e33c463f537d262
ウィーン風のパンという名前がついたパン。
昔、パリ在住のオーストリア大使館員が祖国の上質なパンをパリのパン屋に作らせたのが
始まりと言われているようです。

長い棒状のパンに細かいクープが特徴です。
もともと素朴な生地でつくられたのですが、最近はバター卵や牛乳を使っているので、
歯切れもよく中はふんわり柔らかです。

発酵中に練乳クリームを作っていただき、挟んでお召し上がりください。
Img_59b28b1312d377f8175de021ff81394c